ノーサイドゲーム7話のロケ地!ゴルフ場や浜畑が引き抜きされていたラウンジはどこ?

2019年8月25日に放送されたTBS「ノーサイドゲーム」第7話。

アストロズの2年目の挑戦が始まりますが、サイクロンズの手回しで主軸選手の引き抜きが始まり、アストロズから2人の選手が誘われます。

この記事ではドラマ「ノーサイドゲーム」の7話のロケ地について紹介します!!

このサイトでは1話からロケ地を紹介しています。
ノーサイドゲーム5話のロケ地!レスリングや記者会見場はどこ?
ノーサイドゲーム4話のロケ地ガイド!スタジアムはどこ?
ノーサイドゲーム3話のロケ地ガイド!病院はどこ?
ノーサイドゲーム2話のロケ地一覧!会議室や公園はどこ?
ノーサイドゲームの1話のロケ地の工場や大学は?スバルの神戸支店なの?

☆ノーサイドゲームの7話を見逃した方はこちら
ノーサイドゲームの動画7話の無料見逃し配信はこちら!

ノーサイドゲームのメインのロケ地はどこ?

7話では、ゴルフ場や浜畑が津田と話していたホテルのラウンジなどがロケ地として使われましたが、撮影場所はどこなのでしょうか?

君嶋隼人(大泉洋)が勤めるトキワ自動車府中工場「東芝府中事業所」

君嶋隼人(大泉洋)が勤める府中工場のロケ地です。

第7話ではアストロズの主軸・里村(佳久創)が、サイクロンズに移籍し、全日本でさらに上を目指したいと考えます。

さらにヨーロッパリーグで活躍したいという夢を追うことを決意し、アストロズの練習から抜けてしまいます。

ゴルフ場の建設反対運動がやってきて、たくさんの人が親会社の府中工場へ詰めかけました。

そこで映ったゲートや工場の玄関はここで撮影されています。

ラグビー以外の、府中工場で従業員と働くラグビー選手たちの姿も、この府中事業所での撮影されているようです。

住所:東京都府中市東芝町1

アストロズのラグビーグラウンド「東芝府中事業所天然芝グラウンド」

アストロズのホームグラウンド撮影地です。浜畑(廣瀬俊朗)を筆頭とするベテラン勢と、七尾圭太(眞栄田郷敦)をはじめとする控え組のレギュラー争いが繰り広げられましたね。

このトキワ自動車府中工場にあるラグビー場もさることながら、グラウンドを見下ろす会議室も、君嶋隼人(大泉洋)や柴門琢磨(大谷亮平)が活躍する重要な舞台です。

ここで君嶋が里村の移籍承諾書を出すかどうかが第7話の見どころとなりました。

博人(市川右近)は佐々一(林家たま平)とともに、ここで行われているジュニアラグビー教室で練習を頑張り、少しずつ成長をしていきます。

住所:東京都府中市東芝町1

トキワ自動車の本社ビル「丸の内二重橋ビル」

本社の外観はここで撮影されています。内観はセットの可能性もありますが、「逃げるよりもぶつかる方が良い」と話した七尾圭太(眞栄田郷敦)が府中工場への異動を決意しました。

レギュラーを奪ってみせると言った七尾の胸を突いた女性社員の藤島(阿部純子)が印象的でした。

住所:東京都千代田区丸の内3-2-3

トキワ自動車本社ロビー「大手町パークビル」

ここは本社のロビー撮影地です。脇坂賢治(石川禅)は、君嶋隼人(大泉洋)とロビーで鉢合わせし、「お前はそっちで頑張れ」と言ってくれました。

本社へ戻るのを断り、関係が悪くなったと思われた上司との関係でしたが、結局世話を焼いてくれる良い上司ですね。

このロビーでカザマ商事のデューデリが終了したことを知らせてくれました。

毎回登場するこの上司、演じている石川禅さんの目力や顔の近さが、これぞ日曜劇場といった雰囲気を出していて印象的です。

脇坂は、滝川桂一郎(上川隆也)が次期社長の射程に入ると危機感を募らせており、君嶋も悩みはじめます。

住所:東京都千代田区大手町1-1-1

ノーサイドゲーム第7話のロケ地はどこ?

7話のロケ地:ホテル21イースト東京のラウンジ

ホテル21イースト東京は、第7話で浜畑(廣瀬俊朗)がサイクロンズGMと話していたホテルです。
トキワの女性社員が浜畑たちを見かけたホテルラウンジのロケ地になりました。

トキワ自動車の社員が、少しずつアストロズやラグビーのファンとなっていくシーンが印象に残ります。

浜畑はここで、日本代表に返り咲かないかと誘うサイクロンズからの引き抜きを断りました。

住所:東京都江東区東陽6-3-3

7話のロケ地:ゴルフクラブイースタン

このゴルフ場は、東京都墨田区にあるゴルフクラブイースタンです。

ここは第7話で上川隆也と中村芝翫が訪れたゴルフ練習場のロケ地。

ゴルフ場建設の反対運動について話していました。

2人はその新しいゴルフ場でコンペをやろうという話をしていました。

対等な関係でいこうと滝川(上川隆也)は言い、2人の妙な関係性が気になるところですね。

住所:東京都墨田区立花5-51-11

7話のロケ地:たちかわ創造舎

ここは廃校になった小学校で、ロケ地によく使われています。

博人(市川右近)がBチームのレギュラーを獲得したことで、そこに入っていた男の子がラグビーを辞めてしまうと気にしていました。

それが理由でラグビー教室を辞めると思われていましたが、本当は転校が決まったことが理由でした。

子供達ラグビーでつながっていると喜び、小学校のグラウンドでラグビーを始めましたね。

住所:東京都立川市富士見町6-46-1

7話のロケ地:サイクロンズの練習グラウンド「東京ガス大森グランド」

サイクロンズの本拠地グラウンドです。

サイクロンズの選手が、監督に里村や浜畑をアストロズを弱くするために引き抜いたのかと尋ねていました。

津田監督はその質問を制し、勝つことだけを考えるように伝えました。

多くの日本代表を抱え、里村までも引き抜き、優勝候補として君臨しています。

そんなサイクロンズにアストロズは立ち向かうことになります。

果たして、そんな常勝軍団にどう勝利するのか、柴門や君嶋の手腕が試されます。

住所:東京都大田区大森東3丁目

ノーサイドゲーム7話のロケ地まとめ

ドラマ「ノーサイドゲーム」の7話のロケ地について紹介しました!!

第7話はベテラン選手の退団に引き続き、2枚看板がライバルチームに引き抜かれるという事件が起こります。

浜畑はチームに残る決断をしたものの、がらっと変わったメンバーでどう優勝を目指して戦っていくのか後半の見どころです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です