ノーサイドゲームの原作をネタバレ!結末はどうなる?

サラリーマンに命を吹き込む物語で人々の胸を熱くする作家といえば、池井戸潤さん。

2019年7月スタートのTBS系日曜ドラマは、池井戸潤氏同名小説の「ノーサイドゲーム」に決定しました。

この記事では、6月13日に発売された池井戸潤さんの新作小説「ノーサイドゲーム」のネタバレや登場人物について紹介します。

まだネタバレを見るか迷っている方は実際に小説を購入するかノーサイドゲームのドラマの放送を待つことをおすすめします!!

ノーサイドゲームの原作小説の登場人物

ノーサイドゲーム(ドラマ)の原作に登場する人物を以下にまとめました。

ノーサイドゲームの主人公:君嶋隼人

大手自動車メーカー・トキワ自動車の中堅サラリーマン。

幹部候補の一人とも言われていたが、上司が推奨する企業買収に異を唱えたために、出世レースから脱落。

府中工場の総務部長に左遷。

同時に、ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーとして、チームの再建を命じられる。

ドラマでは、大泉洋さんが演じます。

いつもにこやかでお人よしの役が多い大泉さんですが、「ノーサイドゲーム」では男くさい大泉さんと出会えそうです。

大泉洋さんといえば、演劇集団「TEAM NACS」

他のメンバーは全員、池井戸潤さんの作品に出演し、さらなるブレイクに成功しましたが、なぜか大泉さんだけ出演していなかったんですよね。

★森崎博之~「下町ロケット2」

★安田顕~「下町ロケット」

★戸次重幸~「七つの会議」「下町ロケット」「花咲舞が黙ってない」

★音尾琢真~「花咲舞が黙ってない」「陸王」「七つの会議(映画)」

期待がかかる大泉洋さん♪令和初の池井戸作品を盛り上げてくれそうです!

主人公の妻・君嶋真希

隼人の妻。最大の理解者にして恐妻。夫を尻にしきながら叱咤激励する家庭内の監督的存在。

ドラマでは松たかこさんが演じます。

松さんは言わずと知れた梨園のお嬢様ですが、中身はかなり男前だと言われています。

さばさばして男より男らしいと言われることもあるとか。

強さの中に優しさのある妻・真希にピッタリですね。

君嶋隼人の敵・滝川桂一郎

トキワ自動車常務取締役営業本部長。

君嶋隼人に立ちはだかる存在、合理主義者。

ドラマでは、上川隆也さんが演じます。

自分の出世、そして会社のためなら、平気で部下を切り捨てる。そんな冷徹なエリート上司を上川さんがどう演じるのか楽しみです。

君嶋隼人の敵・風間有也

カザマ商事三代目社長。

企業買収に乗り出す。

ドラマでは、歌舞伎役者の中村芝翫さんが演じます。

生まれた時から上流階級の風間。そんな風間にどう憑依するのか、伝統と品格の中で生きる中村芝翫さんの演技が期待されます。

池井戸潤さんの作品では、歌舞伎役者も大きな役割を果たすことで有名です。

2013年放送の「半沢直樹」では、香川照之(市川中車)さんが冷酷でプライドの高い大和田を、そして片岡愛之助さんがオネエ言葉の国税局査察官・黒崎を演じ、大きな話題となりました。

また2014年放送の「ルーズヴェルト・ゲーム」では坂東三津五郎さん、2015年放送の「下町ロケット」では中村歌昇さん、2017年放送の「陸王」では市川右團次さん、2018年放送の「下町ロケット・ゴースト」では尾上菊之助さんが出演し、存在感のある演技を披露しました。

池井戸作品には欠かせない歌舞伎役者。

「ノーサイドゲーム」に出演する中村芝翫さんはどんなヒール役を披露してくれるのでしょうか。

ノーサイドゲーム(ドラマ)原作小説の著者や内容は?

ノーサイドゲーム(ドラマ)の原作情報を以下にまとめました。

ノーサイドゲームの原作者は池井戸潤

「ノーサイドゲーム」の原作者は、池井戸潤氏。

2019年6月13日に発売予定で、出世を絶たれた男性の物語。

池井戸さんは元銀行員の経験を活かした作品が多いことで有名です。

・半沢直樹シリーズ
・花咲舞シリーズ
・下町ロケットシリーズ

当初は「元銀行マンが明かす銀行の内情」といった企業小説の色が強かった池井戸潤さんの作品。

最近では、会社や銀行で働くひとに光を当てた作品が多く、社会で働く人に勇気と元気を与える作家としてますます人気が高まっています。

池井戸潤さんは日本を元気にする作家のひとりではないでしょうか。

ラグビーワールドカップ直前の作品

池井戸潤氏の「ノーサイドゲーム」は、新聞・雑誌掲載などをせず、直接単行本として刊行された作品。

2019年9月から開催される、ラグビーワールドカップをより盛り上げるためにオファーされた小説、そして企画されたドラマとも言われています。

「ノーサイドゲーム」はワールドカップ前に刊行される小説、ドラマとしてラグビーワールドカップを盛り上げる起爆剤となり、人々の記憶に残る特別な作品になると期待されています。

小説、ドラマとともに、今回はどんなスター選手が誕生するのでしょうか。

ノーサイドゲーム(ドラマ)原作あらすじ

大手自動車メーカー・トキワ自動車に勤める君嶋隼人は、出世レースまっしぐら。

このまま順調にいけば安定した地位と未来が約束されていたのだが…

上司の企業買収案に反対したことで、その道は絶たれてしまう。

君嶋は、府中工場の総務部長に左遷。

そしてかつては強豪だったラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーとして、チームの再建を任されることに。

ラグビー経験も知識もない君嶋に何ができるのか。

左遷されて失い物がない男とかつての栄光がまぶしい弱小ラグビーチーム。

君嶋は再起をはかり、巨大な組織に立ち向かうことに…!

ノーサイドゲームの原作小説のネタバレ!

池井戸潤さんの新作小説「ノーサイドゲーム」のネタバレを書いていきますが、まず「ノーサイドゲーム」を6つのパートに分けるとこのようになります。

■君嶋隼人がラグビーチームのゼネラルマネージャーに!
■新コーチ就任で3位入賞
■会社回収問題に終止符
■里中の辞職
■脇坂つぶし
■アストロズの優勝

君嶋隼人がラグビーチームのゼネラルマネージャーに!

君嶋隼人はトキワ自動車の経営戦略室に勤めたり、本社勤務のエリートコースを駆け上っていたが、ある日上司の滝澤と会社回収案件で口論になり、異動願いを出されてトキワ自動車の横浜工場を任されることになる。

そして、横浜工場の部長に任命されるが、歴代の部長がラグビーチームのゼネラルマネージャーを兼任していたことから、君嶋隼人もアストロズのゼネラルマネージャーに就任することに!

君嶋隼人がラグビーチームのゼネラルマネージャーに!

かつて強豪チームとして知られていたアストロズだが今は2部リーグに降格ぎりぎりの弱小チームとなっていた!!

君嶋隼人はどのようにアストロズを優勝に導くか考えた結果、監督の良し悪しがチームの強さに影響を及ぼしていると考える。

アストロズには監督としての実績が豊富な人が必要と考えた君嶋はかつてある高校ラグビーチームを3連覇に導いたことのある柴門に任せることに!!

君嶋の作戦が功を奏し、アストロズは強豪のサイクロンズに負けはしたが、アマチュアリーグで3位という好成績を残した!!

(続きは7月に更新いたします!!)

ノーサイドゲームの原作小説の見どころは?

ノーサイドゲーム(ドラマ)原作の見どころを以下にまとめました。

どん底から這い上がる企業戦士

手が届きそうだった幹部としての地位、順調だった出世が足元から崩れてどん底に突き落とされる君嶋。

エリート街道から外れてしまった男に残された道とは?ここで人生は終わってしまうのか?

弱小ラグビーチームとともに何ができるのか?過去の栄光にすがっているだけでいいのか?

様々な思いが君嶋を奮い立たせていきます。

どん底に落ちたらあとは這い上がるだけ…。縦社会に堂々と立ち向かっていく企業戦士・君嶋の生き様が見どころとなりそうです。

イエスマンからノーと言える人間へ。

上司との闘い、そしてラグビーチームを強くする戦略により、君嶋自身も磨かれ、企業戦士として、そして人としての栄光を掴むと期待しています。

オアシスとなる家庭と家族

「半沢直樹」もそうでしたが、池井戸潤氏の作品では家庭が主人公のオアシスとなります。

外でたくさんの敵と闘い、生きる意味、働く意味を問い続ける君嶋。

そんな君嶋を受け止めるのが恐妻の真希。

一見君嶋を尻に敷いているように見えるが、実は夫をしっかりと育てている。

尽くすのではなく尻を叩いて夫を立てる、新しいタイプの妻の姿が面白いと思います。

真希は家庭の監督のような存在。

家庭では真希にこき使われているようで楽しんで従っている君嶋。そんな彼の安らいだもう一つの顔も見どころとなるでしょう。

ノーサイドゲームの原作小説まとめ

ノーサイドゲーム(ドラマ)の原作や登場人物についての記事はいかがでしたでしょうか。

日本の夏は年々暑くなりますが、ドラマ「ノーサイドゲーム」に、ラグビーワールドカップの盛り上がりでさらに気温が上がりそう。

令和初の池井戸ドラマ「ノーサイドゲーム」を楽しみに期待しましょう!

最後までお付き合い下さりありがとうございました。

以上、ノーサイドゲーム(ドラマ)の原作や登場人物についての記事をお届けしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です