ノーサイドゲームのキャスト(出演者)一覧【主要人物やアストロズ】

2019年7月からスタートする、日曜9時放送・日曜劇場「ノーサイドゲーム」。

主人公の君嶋隼人(大泉洋)が大企業内で対立しながら、復権をかけた戦いを描くサラリーマンドラマです。

その重要キャストとラグビーチーム「アストロズ」のメンバー、演じる俳優についての情報、本人たちのコメントを紹介していきます。

元全日本選手や社会人選手、ラグビーにゆかりのあるキャストが見事に勢ぞろいしています。

☆10月から放送されるドラマ『G線上のあなたと私』の原作漫画、キャスト、無料視聴方法などの詳しい情報はこちら
G線上のあなたと私の動画無料視聴や原作、キャストなど

ノーサイドゲームの主要キャスト一覧!

ノーサイドゲームの主人公・君嶋隼人を演じるのは大泉洋

大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン。君嶋は出世街道を順調に登っていましたが、企業買収に反対したせいで、府中の工場へと左遷されてしまいます。

そこにはラグビーチームがあり、そこのゼネラルマネージャーを任されることになります。

大泉洋さんは、安田 顕・森崎 博之・戸次 重幸・音尾 琢真との劇団ユニット「TEAMNACS(チームナックス)」の中で、唯一日曜劇場に出演していませんでした(‘ω’)

北海学園大学在学中にHTB「水曜どうでしょう」でレギュラー出演すると一気に知名度を広げ、俳優として全国放送のドラマに出演するようになりました。

ひょうきんなキャラクターながら、シリアスな演技も出来て、バラエティでも笑いを取れる、オールラウンドな俳優さんです。

☆大泉さんの放送前のコメントはこちら

私自身も今まで放送されてきた、数々の池井戸作品のファンでありましたので、その池井戸さんの新作ドラマで、主演させていただくのはとても嬉しく、光栄であります。

大きなプレッシャーも感じていますが、『99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜』、『LEADERS㈼』でもご一緒させていただき、全幅の信頼を寄せる福澤組と一緒にこの君嶋という役を全身全霊で演じたいと思います。

そして日本でラグビーのワールドカップが開催されるという年に書きおろされる池井戸さんのラグビーを題材にした新作を読者として、純粋に楽しみにもしています。絶対面白いでしょ!!

ノーサイドゲームの君嶋隼人の妻役は松たか子

君嶋の最大の理解者であり、夫を尻に敷く気の強い妻・真希(まき)を演じるのは、有名女優であり、歌手としても活躍を続ける松たか子さんです。

松たか子さんは、二代目松本白鸚を父に持つ舞踏家・歌舞伎の家系に生まれます。16歳で、『人情噺文七元結』で歌舞伎座での初舞台を踏んでいます。

月9『ロングバケーション』『ラブジェネレーション』『HERO』に出演し大人気に、いずれも木村拓哉と共演していますね(‘ω’)

『アナと雪の女王』の声優と、日本語吹き替え版の『レット・イット・ゴー』を見事に歌い上げ、歌手としても大成功を収めています。

☆松たか子さんの放送前のコメントはこちら

わたしが演じる妻・真希は強い奥さんなので怒られることも多いでしょうけど、少しでも癒し・ほぐしの時間になればと思います。

君嶋隼人の妻として、日々闘う夫や息子たちをとにかく応援していきたいです。

君嶋の良きパートナー・佐倉多英を演じるのは笹本玲奈

トキワ自動車府中工場の総務部員です。君嶋(大泉洋)の直属の部下として活躍し、基本的には君嶋の良きパートナーとなります。

ラグビーチーム「アストロズ」の敏腕アナリストでもあり、チームからの信頼は絶大です。

君嶋のライバルたちが社内権力を求めて謀略を巡らせる中、聡明に、力強く君嶋を支えていきます。

笹本玲奈(ささもと れな)さんは、ホリプロ所属の女優です。歌手としても活躍しており、20周年コンサートを開催しました。

舞台・ミュージカルの出演が多く、母は元宝塚歌劇団・四季乃花恵さんです。

☆笹本玲奈さんの放送前のコメントはこちら

キリリとした印象の中に、とてつもなく熱い思いを持つ多英という役を身近に感じていただけるよう、自然と作品の中で生きていきたいです。

そして、君嶋さんとの会話の中で、見ている方が少しだけクスッと笑ってしまうようなほっこりした時間をお届けできたらと思います。

企業買収先の社長・風間有也を演じるのは中村芝翫

風間有也(かざま ゆうや)は、カザマ商事・三代目社長です。君嶋の左遷された原因である、企業買収先の社長です。

中村芝翫(なかむら しかん)さんは、歌舞伎俳優の八代目中村芝翫さん!!

安永7年(1778)に生まれた一代目の名を脈々と受け継ぐ家系で、七代目中村芝翫の次男です。

舞台だけではなく、テレビドラマや映画にも俳優として出演されています。NHK大河ドラマ「毛利元就」では主演の毛利元就役を務めました。

☆中村芝翫さんの放送前のコメントはこちら

わたしが演じる風間という男は創業者の孫で三代目社長。

50歳を超えたこの風間という男が今も引きずっている親の七光りを一つ消し二つ消し、その中でも生きる人間としてのプロセスを描いていけたらいいなぁと。そういう人でも魅力があるというところを見せたい。

トキワ自動車の常務取締役の滝川桂一郎を演じるのは上川隆也

滝川桂一郎(たきがわ けいいちろう)は、トキワ自動車の常務取締役・営業本部長です。

君嶋を左遷させた張本人であり、ことあるごとに君嶋の前に立ちはだかる存在です。天敵として君嶋と闘っていくことになります。

上川隆也(かみかわ たかや)さんは、中央大学に在学中、演劇集団キャラメルボックスに入団、NHKドラマ「大地の子」で主役に抜擢されます。

2006年のNHK大河ドラマ「功名が辻」では主演を果たし、その後も映画・ドラマ・舞台とジャンルを問わず活躍する俳優です。

(大泉さんは)朗らかな印象が強いですが、今回の役回りはこれまでと一味違う「才気溢れていながら苦悩を強いられる役回り」で、わたしはその苦悩を強いる男・滝川を演じます。今までにない新鮮味を覚えています。

滝川を演じるにあたり、小細工せずにいけたらと思います。“企みながら企まない”というようなアプローチで臨みたいと考えています。

「ノーサイドゲーム」主演級の俳優が出揃いましたね(‘ω’)

ラグビーの話題も盛り上がっていますが、大企業内での人間関係や権力争いがメインの見所になりそうです。

そして、主演の君嶋は家庭内で妻に頭が上がらないという役どころ、それを大泉洋がどのように演じるのか・・・

今までの池井戸作品らしさも残しつつ新たな挑戦が見える、期待の新ドラマになりそうです。

ノーサイドゲームのアストロズのキャスト一覧!

アストロズの監督は柴門琢磨(大谷亮平)

2016年放送の「逃げるは恥だが役に立つ」でブレイクを果たした俳優さんです。

ラグビー経験はなく、学生時代はバレーボール選手だったそうです。大阪出身でモデルの仕事をしていましたが、「ダンキンドーナツ」のCMのオファーがあり、韓国で俳優やモデルとして活躍され、2018年にはアジアスター賞を授賞するほどの国際的な俳優さんです。

“柴門は大学ラグビー部の監督を務めた経験があり、「アストロズ」の監督に招かれる。君嶋とは過去に“ある因縁”があるという。“

アストロズの主将は岸和田徹(高橋光臣)

高橋光臣さんは、啓光学園出身、東洋大学法学部の出身です。

本格的にラグビーに打ち込み、大学卒業後は俳優の道へと進みました。

日曜劇場では常連「下町ロケット」「小さな巨人」に出演、NHKのラグビードラマ「不惑のスクラム」にも出演しています。

“岸和田は主将らしく、選⼿としての⾃らの活躍よりもチームとしての勝利を優先させる男。チームメイトからの信頼も厚く、君嶋、柴門の右腕となっていく。”

アストロズの中心人物には元プロラグビー選手など

☆友部祐規/コージ(ブリリアン)

ブルゾンちえみのバックに立つwithBとしてブレイクした芸人。
法政大学でアメリカンフットボール部に所属していました。

☆笠原 豪/笠原ゴーフォワード

芸人であり、ラグビーを世に広めるために活動する吉本興業ラガーボーイズ部の主将を務めています。

☆本波寛人/天野義久

明治大学出身、サントリーサンゴリアスに所属し、日本代表として活躍し、メジャースタンレーマッチ(OXFORDと対戦する世界選抜)出場や日本A代表コーチを経験した神々しい経歴の持ち主です。

事業家を経て、俳優に転身し、「陸王」で試作品を履いてアドバイスをする運送会社の江幡晃平を演じています。

☆浜畑 譲/廣瀬俊朗
東芝ブレイブルーパス所属、2015年の日本代表でキャプテンを務め、ヘッドコーチからはナンバーワンのキャプテンと評されています。慶應義塾大学出身で嵐・櫻井翔の同級生としてテレビ共演も果たしています。

☆安西信彦/齊藤祐也
明治大学でキャプテンを務め、サントリーを経て、フランス1部リーグにおいてフォワードとして日本人初のプロ契約を結んだ選手です。

その後も神戸製鋼に移籍、1度引退したあとに復帰し、豊田自動織機に所属していました。バルセロナ五輪平泳ぎ金メダリストの岩崎恭子さんの元旦那さんです。

☆西荻 崇/田沼広之
日体大出身、リコーブラックラムズに所属しフォワードのロックとして活躍しました。

日本代表として出場した試合数は42、ワールドカップには2度も出場しています。タヌーという愛称でラグビーの知名度アップに貢献しています。

☆岬洋/鶴ケ﨑好昭
パナソニックワイルドナイツ所属の現役選手でありながら、史上初の男子7人制(セブンズ)日本代表チームとの専任選手契約を結びました。

高校、U20と日本代表に選出され続けている超有望選手です。

☆仲村慎祐/仲村慎祐

2019年3月に引退したばかりのサントリーサンゴリアスに所属していた選手で、ニックネームは「ジャンボ」。

報徳学園高校から日本大学に進学、日本代表にも選出されています。

☆阿久根 潤/阿久根 潤

高校時代から日本代表に選出され、慶応義塾大学で活躍し、東京ガスラグビー部に所属、元日本代表で、現在も東京ガスラグビー部の総務・スクール担当として運営を支えています。

☆佐々 一/林家たま平 

中学を卒業し、落語家を目指すも、父・林家正蔵から高校までしっかりやるようにと言われ、ラグビーの名門明大中野中学・高校で活躍、有望選手でしたが、父を説得して落語家に転身しました。

☆里村亮太/佳久 創 

明治大学時代に日本選抜に選出されています。元トヨタ自動車ヴェルブリッツ所属・2015年退団し、俳優として活躍中、NHKミストレス~女たちの秘密~第5話に出演しています。

☆有馬真吾/村田 琳

イギリスのセドバー高校留学中にラグビー部に所属、母は国会議員の蓮舫さん。

端正な顔立ちでアイドルグループとしてデビューしています。

このドラマには、社会人チームでプレーしてきた選手たちも参加しています。

俳優が本職ではない方が多いなかで、オーディションを勝ち抜いてきた方々です。一部詳細が分からない方は空欄になっています。

☆アストロズ部員

☆中本元気/勝山 翔

☆玉木俊太/榎本鉄平

特技はスポーツ全般、剣術・空手・中国武術などに堪能な俳優、2019年映画「三国志」に出演

☆高輪祐太/眞弓葉詩

「コード・ブルー」や「すき家」「モスバーガー」のCMにも出演している俳優、特技はラグビーとピアノ

☆飯野雄貴/飯野雄貴

国士舘大学ラグビー部出身であり、DDTプロレスリング所属のプロレスラー

☆林田公一/株木孝行

浦和工業高校から立正大学へ、クボタスピアーズに所属し、現在は金融ベンチャーのキャリア事業部長

☆立川 悟/水本竜弥

岩手出身、盛岡工業高校からパナソニックワイルドナイツに所属していたラグビー選手

☆端本太郎/端本太郎

東海大仰星高校 から東海大学へ進学、クボタスピアーズに所属したラグビー選手

☆大和航平/北川勇次

元パナソニック所属、2部の釜石シーウェイブスRFCを2019年3月で退団、元日本代表選手

☆伊吹誠介/伊吹誠介

明治大学のラグビー選手、博報堂DYメディアパートナーズの日本テレビ担当へ

☆森本竜馬/森本竜馬

☆石川悠太/石川悠太

東大工学部システム創成学科でありながら、ラグビー部の主将を務めていた

☆秋元太一/板垣悠太

玉川学園高校卒、早稲田大学ラグビー蹴球部出身年に現役を引退のラグビー選手

☆小野勘太/邉津勘太

☆小西大樹/小西大樹

東海大学卒業後、パナソニックを経て、豊田自動織機シャトルズに所属するラグビー選手

☆戸村銀太郎/髙橋銀太郎

早稲田大学ラグビー部出身、クボタスピアーズに加入、2016年に現役を引退したラグビー選手

☆岩爪 航/岩爪 航

法政大学卒業後、クボタスピアーズに加入、2018年に現役を引退したラグビー選手

☆井上卓哉/井上卓哉

関東学院大学卒業後、クボタスピアーズに加入、2017年に現役を引退したラグビー選手

☆新井龍一/新井龍一

☆工藤元気/工藤元気

盛岡第一高校から筑波大で活躍したラグビー選手、U20の日本代表

ライバルチーム「サイクロンズ」のキャストは?

原作小説ではアストロズのライバルチーム「サイクロンズ」が登場し、最後に優勝争いを繰り広げます。

その最強のライバルチーム「サイクロンズ」の監督・津田三郎役を演じるのは、渡辺裕之さんです!!

最近出演した作品は「仮面同窓会」や「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」など。

最近はあまり見かけませんが、以前はドラマや映画で主演を務めることが多かった俳優さんですね♪

また、サイクロンズのゼネラルマネージャー役を演じるのは松尾諭さん!!

松尾諭さんはどのシーズンのドラマでもどこかに登場するイメージがありますね。

7月のどのドラマに出演するのだろうと予想していましたが、「ノーサイドゲーム」でした(‘ω’)

そして、サイクロンズのエースで日本代表・富野役を演じるのは、佐伯大地さんです!!

SNSでは斎藤工と似ていると言われているようで、立教大学出身。

立教大学に通っていた時は、ミスター立教コンテストで準グランプリに選ばれていました!!

イケメンで頭も良いなんて完璧すぎますね♪

ノーサイドゲームのアストロズのキャストまとめ

ドラマ「ノーサイドゲーム」の主要メンバー、アストロズやサイクロンズのキャストについて紹介しました!!

「ノーサイドゲーム」はラグビー経験者を徹底的に揃えていることがわかりました。

日本代表から社会人チームでトップを走っていた選手たちが、俳優としてドラマで活躍するとは驚きです(‘ω’)

こんな人がラガーマンだったのかというほど、俳優・落語家・実業家と経歴が華やかです。

熱さが溢れ出すようなドラマが見られそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です