ノーサイド・ゲームで七尾圭太役は眞栄田郷敦!読み方は?

2019年7月放送日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(日曜夜9時)に、眞栄田郷敦さんの出演が決定しました。

ノーサイドゲームの七尾を演じる眞栄田郷敦さんはある有名俳優の弟ということで注目を集めること間違いなしです。

名前の読み方、身長や体重、初出演となる『ノーサイド・ゲーム』の役柄について解説していきます。

眞栄田郷敦の基本情報【読み方や身長、体重など】

名前 眞栄田 郷敦(まえだ ごうどん)
生年月日 2000年1月9日(19歳)
出身 米ロサンゼルス出身
身長 182センチ。
特技 極真空手(全米体重別空手選手権準優勝)
サックス、ピアノ、バスケットボール、ギター、殺陣、英語

眞栄田郷敦(まえだ ごうどん)さんは19歳。

出身はロサンゼルスですが、中学入学と同時に母と日本へ移り住みました。

眞栄田郷敦の父は、日米で俳優・アクションスターとも呼ばれる千葉真一さんです。

兄は新田真剣佑として、既に人気俳優として活躍されていますね。

前妻である野際陽子さんとの娘である真瀬樹里さんも女優として活躍しており、眞栄田郷敦さんにとっては異母姉に当たります。

眞栄田郷敦さんは、『ノーサイド・ゲーム』でトキワ自動車本社海外事業部所属・七尾圭太という役を演じます。

ラグビーシーンの撮影のために、なんと15キロの増量に成功しています。

身長182cm、体重は80キロ目前と、体格においての役作りも余念がありません。ドラマスタート時の風貌が楽しみです。

自分を七尾圭太という役に近づけられるよう精一杯努力したつもりと語っていて、さらにもう少し体を大きくしたいと考えているそう。

準備期間にはラグビートップリーグ・パナソニックの練習にも参加、心技体ともにドラマに懸ける思いが伝わってきます。  

体重の増減を自由自在にコントロールし、大役を掴んだ喜びを無邪気に表現する姿は、兄・真剣佑を彷彿とさせ血筋の強さを感じます。

殺陣やアクションという特技は、父・千葉真一さんから姉弟たちへと受け継がれたものです。役への向き合い方も親譲りなのかもしれませんね。

ノーサイドゲームで眞栄田郷敦が演じる七尾ってどんな人?

TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」で、眞栄田郷敦さんはトキワ自動車本社海外事業部所属・七尾圭太を演じ、今作が連ドラ初出演です。

主役の君嶋隼人(大泉洋)がある合併話に反対したことから左遷され、府中の工場でラグビーチーム「アストロズ」の再建を託されるところから物語が始まります。

七尾圭太(眞栄田郷敦)は、この主人公・君嶋隼人の再起を図るキーマンとなる存在となっていきます。

七尾圭太はニュージーランドからの帰国子女ということで、12歳の時にロサンゼルスから日本に来た頃のことと重ねながら演じたいと眞栄田さんは語っています。

七尾圭太は、ニュージーランドでの大学時代にある出来事によって夢を断たれます。失意のまま日本へと帰国し、普通の生活を送ろうとトキワ自動車に入社し、君嶋と出会います。

そこで七尾の運命は変わり、君嶋が復活する鍵を握る存在になっていくのです。

七尾は、いつも笑顔で人当たりが良く、礼儀正しい男という役柄。眞栄田郷敦さんの人柄とどのように合わさっていくのか気になりますね。
 

眞栄田郷敦の高校は岡山県なの?

眞栄田郷敦さんは、アメリカのロサンゼルス出身です。父は千葉真一さん、兄は新田真剣佑さんという俳優の血筋です。

新田真剣佑さんはアメリカに住む父と、眞栄田郷敦さんは日本に住む母と育ったため、眞栄田郷敦さんは日本在住、岡山県にある明誠学院高校に通っていたといいます。

明誠学院高校は吹奏楽の名門、そこで眞栄田郷敦さんは部長を務めていました。担当はサックスで、特技の欄にも記されていますね。

偶然にも新田真剣佑さんは日曜劇場『仰げば尊し』に出演、アルトサックスを演奏しており、実際にも吹くことができるそうです。兄弟揃って同じ種類の楽器を演奏できるというのも、不思議な縁を感じますね。

卒業後、眞栄田郷敦さんは2018年に「TGC KITAKYUSHU」というファッションショーに出演し、モデルとして初ランウェーを歩きます。今年、映画「小さな恋のうた」(2019)で、主人公の親友役でデビュー。

今冬に公開される映画「午前0時、キスしに来てよ」では、主人公の幼なじみを演じるということで今後活躍が期待されます。

眞栄田さんは今回の出演に際し、「日本、世界で活躍できる役者になりたい」という大きな夢を語っていました。その記念すべき1作目が『ノーサイド・ゲーム』となるんですね。有名俳優を多く輩出する登竜門となっている日曜劇場、新たな俳優の誕生を目に焼き付けましょう。

ノーサイド・ゲームで七尾圭太役は眞栄田郷敦まとめ

『ノーサイド・ゲーム』に出演する眞栄田郷敦さん演じる七尾圭太は、主人公・君嶋隼人の復活のキーマンだということが分かりました。

本社から左遷された君嶋をどのように手助けしていくのか、そして、ラグビーのために鍛え上げられた肉体はどのように発揮されるのか、ドラマがさらに楽しみになりますね。

眞栄田郷敦さん自身についてもこれからどのような人柄なのか、注目が集まっていくと思います。俳優としてどのように将来変貌を遂げていくのか楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です