ノーサイドゲームの居酒屋「多むら」のロケ地はどこ?

7月7日(日)にスタートする日曜劇場「ノーサイドゲーム」、大泉洋、松たか子、大谷亮平、中村芝翫、上川隆也など豪華俳優陣が集結すると話題です。

劇中に出てくる居酒屋「多むら」のロケ地となるのはどこなのか調べてみました。

ドラマ「ノーサイドゲーム」とのコラボレート商品も発売されるとのことで、価格や販売期間についても紹介していきます。

ノーサイドゲームの居酒屋「多むら」のロケ地

『ノーサイドゲーム』劇中に登場する居酒屋『多むら』で登場するメニューを、串カツ田中が全店舗で提供することが発表されました。

ドラマ『ノーサイドゲーム』の世界を串カツ田中で体験してほしいと、串カツ田中がコラボを公式に発表しています。

串カツ田中は、創業史上初のテレビドラマとのコラボレーションとなります。

実際のロケ地となる場所はわかりませんが、府中で居酒屋の撮影が行われることが発表されていました。

外観写真は和風ののれんがかかった趣のある雰囲気です、料理監修を串カツ田中が担当しているのかもしれません。

串カツ田中は、社長の貫啓二さんと田中洋江さんが2008年12月、世田谷に店をオープンしたのが始まり。

洋江さんの父が考案したレシピを受け継いでいるため、田中という名前が社名に掲げられています。

洋江さんの地元大阪・西成には近所にたくさんの串カツ屋が集まっていたこともあり、その美味しさをもっとたくさんの人に広げたいと起業を決意したそうです。

串カツを日本を代表する食文化にすることを目標に掲げ、現在関東圏を中心に全国・海外に243店舗を出店しています。

外食アワード2013受賞、2016年東証マザーズ市場上場、2019年東証第一部上場と順調に業績を積み上げています。

今回日曜劇場「ノーサイドゲーム」の視聴者層と一致しているという理由で、コラボが実現したとコメントを出していました。

串カツ田中は、サラリーマン世代とファミリー層をターゲットに店舗経営を行っています。

経営的側面も考えられた、理にかなったコラボレーション企画だったんですね。

ノーサイドゲーム×串カツ田中の「アスカツ」の値段や発売日

ドラマに登場する居酒屋『多むら』のメニューは、串カツ田中で注文することができ、今回コラボにちなんだ期間限定メニューも発表されました。

その名も「アスカツ」。登場するラグビーチーム「アストロズ」の勝利を祈願して考案された、アスパラを使った新メニューです。

『アストロズ、明日も勝つぞ!』で「アスカツ」という言葉遊びが込められています。

串カツ田中全店舗で、7月7日(日)のドラマ初回放送日に合わせて、期間限定での発売となります。

アスパラを丸ごと1本使用しており、そこに豚バラ肉を巻きつけて油で揚げた、長くボリューミーなカツとなっています。

正式名称は、日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』アスカツ。価格は税抜きで300円、販売終了時期は決まっていないとのことです。

ノーサイドゲーム×ヤマザキパンの「レモンケーキ」が発売決定!

『ノーサイド・ゲーム』とのコラボ商品がさらに発売されます。

その名も、「明日へトライ!レモンケーキ」、山崎製パンとのコラボレート商品です。

発売開始は2019年7月1日(月)から、終了が9月15日(日)ということで、ドラマ放送期間を通してその味を楽しめそうですね。

全国のスーパー、コンビニエンスストア、デイリーヤマザキ、ヤマザキショップ等、山崎製パンの商品を扱っているお店で買うことができます。

「明日へトライ!レモンケーキ」は、ラグビーボールの形をした爽やかなレモンケーキです。

レモンパウダーを練りこんで焼きあげたスポンジケーキに、シュガーがコーティングされています。

ドラマが放送される夏に合わせて、程よく酸味の効いたレモン味。

甘くシャリシャリとした食感を楽しむために、冷やして食べるのもおすすめです。

山崎製パン株式会社が製造している、ロングセラーの洋菓子「アーモンドカステラ」がラグビーボールに似ていることからこの商品が発案されました。価格は130円(税抜)です。

山崎製パンは、昭和23年に千葉県市川市で飯島藤十郎さんが山崎製パン所を開業したのが始まりです。

現在では、パンのみならず和菓子・洋菓子・調理パン・おにぎり・菓子・飲料まで幅広く食料品を生産しています。

コンビニエンスストアのデイリーヤマザキも山崎製パンの系列で、インドネシア・ベトナム・シンガポールでも事業を行い、多くの人びとの元に製品を届けています。

山崎製パンといえば、「ヤマザキ春のパン祭り」ですが、1981年から40年近く続いている長寿キャンペーンなんです。

シールを集めてもらえる“白いお皿”は、パンの本場にちなんでフランス製のものを使っています。

キャンペーン期間は2月~4月の3ヵ月のため、惜しくも「ノーサイドゲーム」放映中には参加できませんが、毎年1000万~1500万人が参加すると言われる大イベント、来年の春に参加してみては?

まとめ

7月7日(日)にスタートする日曜劇場「ノーサイドゲーム」、サラリーマンドラマということで企業とのコラボレーションも活発ですね。

ラガーマンはビジネスに強いと言われているので、繋がりがあるのかもしれません。

熱いドラマになること間違いなしの日曜劇場「ノーサイドゲーム」、食品業界にも熱い波が押し寄せています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です